試験は高い合格率です|整体師の学校で技術を磨こう|将来の指標になる
男性

整体師の学校で技術を磨こう|将来の指標になる

試験は高い合格率です

ナース

まずは養成学校へ

看護師として働くためには、看護師の国家試験に合格する必要があります。しかし、看護師の国家試験の受験資格は法律で定められており、3年間の指定された学校での勉強を行わなければなりません。看護専門学校や看護大学と言われるところですが、主に、看護専門学校は3年間、看護大学は4年間の修学期間になります。この1年間の違いは、3年間で看護師の資格取得をするための受験資格を得ることができますが、さらにもう1年を看護大学で勉強することで、保健師や助産師の資格取得をするための受験資格を得ることができるのです。そのため、保健師や助産師の資格取得を目指す方は看護大学を選択することで、再度学校に入り直す必要がないので効率的です。

試験に向けての勉強

看護師は非常に責任が重く、その分やりがいのある仕事ですが、国家試験の合格率は9割程度と高く推移しています。看護大学や看護専門学校では資格取得に向けて集中的に学ぶ期間があり、受験する本人、学校などの全ての方の努力で実現している実績です。看護師の国家試験は、看護大学も看護専門学校でも、卒業する年の年度末に受験します。そのため、それまでに病院実習や就職してから必要な知識などを身につける学習を行い、試験の数ヶ月前から受験体制に入ります。合格率は全国平均の実績ですので、学校によって差があります。合格率が低い学校は指導体制に不安がある可能性がありますので、学校を選択する際には合格率に注目しましょう。合格率が高い学校は、授業も魅力的であることが多いです。良い学校を選び、看護師になる夢を叶えましょう。