リハビリのプロ|整体師の学校で技術を磨こう|将来の指標になる
男性

整体師の学校で技術を磨こう|将来の指標になる

リハビリのプロ

婦人

仕事内容は

医療や福祉の分野で活躍できる資格に、作業療法士があります。作業療法士とは、入浴や食事といった日常生活の動作など生活におけるあらゆる作業活動の中で、体と心のリハビリを行う専門家のことを指します。同じ分野で活躍できる資格として理学療法士もありますが、こちらは起き上がる、歩くといった日常生活において必要な基本動作ができるように、体の基本機能の回復をサポートして自立した生活が送れるようにする専門家のことを指します。理学療法士は基本動作を、作業療法士は応用動作や社会適応のための能力を、回復するための手助けをしている仕事といえます。作業療法士は、医師の指示を受けて、患者の身体的活動や精神的活動を通して社会復帰に向けた訓練、または指導を行う、といった仕事内容になります。うつ病や摂食障害などの精神障害の患者にも対応しています。

リハビリのプロになるには

作業療法士は国家資格です。作業療法士になるには、この国家資格に合格する必要があります。そして、受験資格は作業療法士の養成課程がある大学や専門学校などで3年以上学び、課程を修了することです。試験の特徴は、筆記試験のみであるという点です。点字試験受験者に対しては実地問題の代わりに口述試験及び実技試験が行われます。合格率は例年80%前後となっており、合格率は高いように見えますが、受験者数の増加により、難易度が上がってきている傾向があります。筆記試験とはいっても、科目も多く、一般的な医学知識を問う内容や専門的な問題も出題されることから、試験対策の準備は必要です。試験は1年に1回、2月に行われています。